試験 超音波検査士 超音波検査

超音波検査士【試験内容と過去問、問題とは】(臨床編・書類審査)

更新日:

超音波検査というものをご存じですか。

超音波検査を実施できる資格は様々ですが、超音波検査士といった認定を取得することもできます。

超音波検査士を取得するためには、「基礎試験」「臨床試験」の二種類あります。今回は「筆記試験(臨床編)」と書類作成についてお話したいと思います。

― 超音波検査士の試験内容とは(臨床編) ―

わたくし、無事、体表臓器の超音波検査士の試験を合格致しました!!

来年は基礎試験免除となりますので、来年は他領域を受けようと思います。

ということで、今回、基礎編と体表臓器をまとめました。

基礎編の問題の解説はよければこちらを参考にしてみてください。

超音波検査士【試験内容と過去問、問題とは】(概要・基礎編)

ここのページでは、臨床編と試験内容と、勉強方法、書類作成のポイントなどをまとめました。

【臨床編の問題】について、結論からいいますと、

〇 とにかくたくさん画像をみるべし。本を熟読するべし。です。

【臨床編の書類作成】の結論は、

〇 珍しい症例ではなく、典型症例を使うべし。です。

○ 超音波検査士 試験問題 臨床編(体表臓器)ポイント

2019年度体表臓器の臨床問題の出題領域は書類審査と同じです。

①乳腺疾患 ②甲状腺疾患 ③副甲状腺(上皮小体) ④リンパ節疾患 ⑤体表臓器(耳下腺・顎下腺、皮膚・皮下軟部組織、関節・骨・筋肉組織)

こちらは、体表臓器受験する際、書類審査のための疾患コードとなります。

つまり、上記の内容から問題が出題されます。以下、試験問題(臨床編)のポイントになります。

● 臨床編 全体のポイント

・上記の①~⑤までは、バラバラの順番で出題されます。

割合の印象としては、

乳腺:甲状腺:その他=3.3:2.5:4.2

のような印象です。

出題数としては、「予想より、乳腺が少ない。」「乳腺よりも甲状腺は少ない。」「その他の内容が意外と多い。」という印象でした。

臨床編は画像問題が占めるため、基礎編よりも問題内容の参考にはしづらいかもしれませんが、いくつかポイントをまとめました。

・問題は基本的に画像問題が大半を占めています。

乳腺の問題にはエラスト画像が多くあります。(自施設にて、エラストを使用しない施設は、改めて勉強しておいた方が良いです。)

・甲状腺の問題はカラーの画像が多くあります。

・今回の試験は解剖問題は出題されませんでした。

● 臨床編 領域ごとのポイント

覚えている範囲内ですが、参考になれば幸いです。

【乳腺疾患】

  • 過誤腫の画像問題
  • 乳がんのリスク(正解 2つ選択)

①家族歴 ②大豆食品の摂取 ③乳製品の摂取 ④低身長 ⑤高濃度乳腺

  • 悪性腫瘍の問題(エラストあり)

3問程度あります。

疾患を問う問題、画像から読み取れるエコーの特徴を選択することもあります。悪性のエラスト画像、良性のエラスト画像も勉強しておくといいです。

  • エラストとは?

エラストは歪みがあると悪性か、良性か?

  • 乳腺内の嚢胞(画像あり)アーチファクトはなにか。(基礎のような問題)

回答:多重反射

【甲状腺】

  • 甲状腺腫瘍の問題(カラーあり)

疾患を問う問題、画像から読み取れるエコーの特徴を選択することもあります。

  • 無痛性甲状腺炎の検査項目について

選択肢:①CRPは? ②WBCは? ③TSHは? ④FT3は? ⑤抗レセプター抗体は?

  • 未分化癌についての文章問題

【その他】

  • ワルチン腫瘤の好発部位
  • シェーグレン症候群について
  • 血栓の画像問題(わたしは、血管領域だと思っていたので、血栓はノータッチでした。)
  • 副甲状腺癌、副甲状腺腫瘍
  • 耳下腺とアミラーゼとの関係について
  • 粉瘤 画像問題
  • 浮腫の画像問題

基礎編に比べ、臨床問題は画像問題が多いため、参考程度にしかならないかと思います。

● 臨床編 勉強法

筆記試験の臨床編で大切なことは、

〇 実際の画像に触れること、

〇 本を熟読すること

上記が大切です。

体表臓器のみに特化した問題集の本はありませんでした。

わたしが使用した問題集は、超音波検査士・超音波指導検査士認定試験問題集です。


超音波検査士・超音波指導検査士認定試験問題集―動画CD‐ROM付
(第4版)

上記の体表領域を使用して勉強しました。2019年現在は第4版が最新版です。また、先輩の持っている問題集も借りて、第2版~第4版を勉強しました。

正直、基礎編よりも問題集は役には立ちませんでした。

2~3割の点数と、知識の定着にはいいですが、基礎編と違い、問題集をやっているだけでは合格はできないと思います。

確実に取りに行ける項目も増えるので、やって損はないと思いますが、試験を経験してみて一番の勉強法は

自施設の臨床現場の画像の確認と、体表臓器専門の本の熟読

上記2点です。

わたしは、乳腺、甲状腺以外の分野を勉強するにあたり、

自施設にあった「一番薄い」体表臓器の本を熟読することにしました。

使用した本は、体表臓器超音波ガイドブック:皮膚・皮下・血管・神経・筋です。


体表臓器超音波診断ガイドブック: 皮膚・皮下・血管・神経・筋

※乳腺領域、甲状腺領域は違う本で勉強しました。

※乳腺と甲状腺は自施設で症例がいくつかあるため、体表臓器の超音波を開始するにあたり、勉強しておかなければならなかったため、自分自身で別の本を持っておりました。

乳腺:乳房アトラス【第3版】


乳房アトラス【三訂版】 (コンパクト超音波αシリーズ)

甲状腺:甲状腺・唾液腺アトラス


甲状腺・唾液腺アトラス (コンパクト超音波αシリーズ)

とにかく小さくて、薄い本が欲しかったのが、バレバレですね。笑

 

施設によって、体表臓器は特化している分野もあれば、ある分野においてはあまり症例が少ない施設もあると思います。

臨床の現場で多く触れている分野は、恐らく解けます。問題点は、自施設であまり触れていない分野です。その分野をどのように勉強するかがポイントです。

上記以外にも、

自施設で実施している生理機能分野の画像サーベイを使い、体表臓器の画像を勉強しました。

少しだけ載っていた画像として、超音波検査士を受験する際に会員になっている可能性の高い「一般法人社団 日本超音波検査学会」こちらにeラーニングがあります。こちらも参考にしました。

 

― 超音波検査士 書類審査 ―

〇 超音波検査士試験 書類作成ポイント

超音波検査士を受験する際に、事前に書類を提出します。2019年の提出期間は下記でした。

オンライン申し込み期間:2019年5月20日~2019年7月12日

書類提出期間:2019年6月1日~2019年7月31日

受験料:日本超音波医学会 20,000円

日本超音波検査学会会員 22,000円

※受験の際は必ず日本超音波医学会のページを確認してください。

書類審査に用意するものは色々ありますが、その中でも、「超音波検査士認定試験受験者推薦状」を得るために記載する

「超音波検査実績」の作成が必要になります。

作成するのに、ある程度時間を要するものになります。(わたしは、取り組んでから完成までに2~3か月ほどかかりました。)提出期間までにしっかり準備しておいてください。

2019年からの変更点

・健診領域の書類内容が変更されたこと。

・鉛筆書きが許可されたこと。(2018年はボールペン記載でした。)

上記は大きな変更点になるようです。特に健診領域を受ける方は確認が必要になります。

また、書類の再提出は不可となっており、内容になっては減点対象もあります。受験する際は、その年の超音波検査実績の手引きを必ず確認してください。

減点対象(大まかな点)

・個人情報の消去漏れ(特に注意)

・診断と異なる所見の記載

・間違った用語の使用

・誤字脱字

違反の注意点としては、同一人物で症例を分けることは出来なかったり、自分自身が検査した症例に限ります。

詳細は必ず確認してください。

合否判定は、上記の書類審査、筆記試験(基礎領域)、筆記試験(臨床領域)各々の正答率がすべて60%以上とされています。書類審査で60%以下とならないよう注意してください。

自身で書類の見直しをした際に気づいたミスは「検査値の単位」でした。わたしは、先輩に見直しを手伝ってもらいました。違う目でも書類の確認してもらった方がいいかと思います。

― 応援しています! ―

今回は、臨床編を主にお話しました。超音波検査士の試験には、基礎編と臨床編と2種類の試験があります。

概要、試験当日、筆記試験(基礎編)については、

超音波検査士【試験内容と過去問、問題とは】(概要・基礎編)

で確認してみてください。

 

基礎編でもお伝えしましたが、試験が終わった後の達成感は最高です。受験する皆さん、頑張ってください。

臨床の勉強は、特に現場でも直結する内容になります。わたしは、今まで身に付けた知識を整理するいい機会になりました。受験する方は、ぜひ頑張ってください。

-試験, 超音波検査士, 超音波検査
-, , , , , , ,

Copyright© 臨床検査技師のすももブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.