臨床検査技師 転職

臨床検査技師 子育てしながらできる【仕事と子育ての両立が可能】

更新日:

― 臨床技師の仕事環境 ―

自分自身、他の仕事を経験し、他の職種の友人たちから色んな話を聞けるようになってきました。

そして、臨床検査技師として勤務して数年。この仕事は、家庭や子育てを両立しやすい環境です。そういった点では、この仕事も魅力のある仕事といえます。

臨床検査技師の仕事が、家庭と子育ての両立がしやすいと考える理由を紹介します。

〇 女性が多い職場だからこそ、理解が得られる。

特に生理機能検査がある病院や健診センターの職場では、心電図など患者と接触する機会があるため、臨床検査技師の職場には女性が多くなりがちです。

そのため、臨床工学技師、薬剤師、理学療法士などに比べ、女性が働きやすいような職場となっております。

つまり、既に子育てをしている女性の上司など、出産や子育てに理解を示してくれる上司が必ず1人以上は居ます

臨床検査技師という仕事は、担当する顧客がいるわけではありませんので、人の代わりが作れる仕事です。

しっかり業務内容を引き継げれば、子供が熱を出したことによる早引きなどが可能になります。

さらに、事前にしっかり伝えておけば、パートを頼むのか、人数が一人減っても大丈夫なのかを確認することで、産休育休も取りやすい環境が整っております。

〇 仕事に復帰しやすい

育休によって1年ほど休んだ後に、仕事に復帰する際です。

臨床検査技師は国家資格を持った専門職のため、既に「ある程度の仕事が出来る。」という確約があります。しかも、同じ職場に戻るなら尚更です。

多少、検査機器の変更や、病院のシステム等の変更があったとしても、検査をする内容が1年や2年で大きく変更することはありません。

しかも学んできた経験が生かされるため、ブランクがあったとしても、リカバリーが効きやすいのが、臨床検査技師の仕事になります。

〇 仕事と子育ての両立が可能である

● 常勤の場合

臨床検査技師の仕事は、健診センターやクリニック、病院に勤めると、看護師や介護士などに比べ、夜勤や残業が比較的少ない仕事になります。

さらに、クリニックや健診センターでは、夜勤がない場所も多数あります。病院においても、夜勤が無い病院は多数あります。

また夜勤がある場合でも、検査をする上での夜勤は一人体制が多いため、担当として回ってくる可能性が多くはありません。

そして、検査を受け付ける時間というのも限られること、夜勤帯や遅番帯に引き継ぐことができます。そのため、残業も多くはありません。

つまり、家に帰る時間帯が早く、夜も子供の傍にいてあげることができます。

● パートの場合

他にパート勤務を選択することも可能です。

特に病院やクリニック、健診勤務の場合は午前帯に忙しいため、午前にパートの仕事を依頼されることが多くなります

しかも、パートとして勤務をしても、資格環境下での仕事になりますので、ある程度の給料を貰いつつ、時短で勤務することができます。

更に、超音波検査士の資格など、追加の資格を持っていると、更に高時給でパートとして仕事することがか可能です。

 

つまり、資格と経験を生かしつつ、フルタイムでもパートタイムでも時間の調整が比較的しやすい仕事と言えます。

● 休日の対応

休日に日に仕事の電話が来ない。というのは大切な一つの要素だとも思います。

顧客を相手にする仕事や、自分の代わりがいない仕事は、休みに日でも仕事が舞い込んでくることがあります。

しかし、臨床検査技師は、休日の電話対応といったことは、大きなトラブル時で無い限り、連絡はありません。

休みの日の時間を家族との充実した時間にする。

シンプルですが、今の日本ではなかなか社会人全員ができていない環境にあります。

そんな休みの時間をしっかり取ることができるのも大切な要素のひとつであると言えます。

〇 実際の勤務環境

わたしの病院では、子どもがいる方でパートの方は一人です。他の方で子どもがいる方は全体の4割程度の人数が居り、全員フルタイムで仕事をしております。

つまり、それだけ子育てしながら仕事ができる環境であると言えます。

しかし、例外として、検査センター勤務の場合は、ブランチ検査センターといった働き方の違いがあります。

検査センターに勤めた場合は、検体を回収してから勤務を開始するため、昼から夜まで勤務する環境になることが多いようです。

そのため、午前は子供を見守ることができますが、夜に見守ることが難しい可能性があります。

職場環境や家庭環境よってはイメージするような環境にならない可能性があります。パートナーと協力するか、職場を考え直したりしなければならないこともあります。

しかし、検査センターも比較的女性が多い職場であり、子育てと家庭を両立する先輩が必ず居ります。そういった方々のアドバイスも参考にしてみましょう。

― まとめ ―

様々な仕事が世の中にある中、家庭を築きたいと思っている方は、その仕事に就くことで家庭との両立ができるかどうかは大切な要素になるかと思います。

わたしが実際に経験したり、友人たちから聞いた仕事のなかで、臨床検査技師の仕事は比較的両立しやすい環境にあります。

臨床検査技師という仕事を選択する際の判断材料になればいいなと思います。

 

臨床検査技師の資格を持ちながら、別の仕事を考えてみたい方はこちら。

臨床検査技師の転職【様々な就職先、転職先がある。治験コーディネーター、アプリケーションスペシャリストなど】

-臨床検査技師, 転職

Copyright© 臨床検査技師のすももブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.