心筋梗塞

心電図 病気

心筋梗塞とは【糖尿病 痛みに鈍感は危険。定期検診は大切です。】

更新日:

糖尿病の方が心電図を取りに来ました。

症状は、「一昨日の夜胸が痛いような気がした。今は、全く感じない。」

心電図を取ると、ST上昇、トロポニンT陽性

心筋梗塞真っただ中。

すぐ、その場で心エコーもしましたが、前壁と下壁がasynergy(アシナジー)あり。

心臓の動きが悪くなっていました。

車いすを準備して、即入院です。

本人は、「えー。車いす乗るの?嫌だなぁ。」

 

すごく、余裕そう。

 

― 糖尿病は、痛みに鈍い ―

糖尿病の患者さんは、医療業界では、痛みに鈍いという認識があります。

糖尿病の方は、症状が進むと、神経障害を起こします。

※国立国際医療研究センター 糖尿病センターより抜粋

痛みに鈍い=危険が察知できません。

 

心筋梗塞という病気は、大事な症状の一つに「胸痛」というものがあります。

その胸痛があると、患者さんは違和感を感じ、病院に来ることができます。

そして、医師もその症状を確認し、心電図の依頼を出し、すぐ確認をすることができます。

しかし、その胸痛という症状を感じ取ることができないと、病院に来るタイミングを逃しますし、医師も気づくことができません。

 

〇 心筋梗塞 なぜ痛いのか

じゃぁ、そもそも心筋梗塞は、なぜ痛いのでしょうか。

簡単に説明。

心臓とは、体内にある血液を循環する役割を持っています。

「体内のポンプ」有名な話です。

でも、実は、心臓自身がポンプとして動くためにも、心臓の周りに存在する細い血管からエネルギーを貰っています。

その細い血管を冠動脈といいます。

そりゃ、心臓も身体中に血液を送る大変な仕事をしてるわけなんだから、ただ働きってわけにはいかないのです。

そのエネルギーを貰うための冠動脈が、「詰まる」ことでエネルギーが送られなくなります。

エネルギーの供給が無くなれば、誰だって、辛いでしょ?働きたくなくなるでしょ?

 

「きゃーっ!やめてーっ!!」

ってなって、心臓が悲鳴をあげます。

 

それで、胸が苦しくなったり、痛くなったりします。

 

それが、心筋梗塞です。

 

〇 心筋梗塞 すぐ治療すれば復活。

心筋梗塞は、すぐの処置が大切です。

だから、すぐに痛みを感じ取って、早急の対応をすることが大切なのです。

詰まった冠動脈という細い血管の詰まりを取ってあげます。

すると、心臓は復活!活動を開始します。

しかし、

長い間詰まらせておくと、心臓にエネルギーが送られない状況が続きます。

すると、

心臓の筋肉が「死んでしまします。」

例えば、①~③までの冠動脈があるとしましょう。

①の冠動脈は(1)エリアの心臓の筋肉にエネルギーを送っています。

その冠動脈①が詰まり放置しておくと、(1)エリアの筋肉がだんだん死んでしまいます。

(1)君は「なにそれ?エネルギーくれなきゃ、動けねーよ。」ってなります。

①冠動脈の詰まりをすぐとって、エネルギーを供給できるようにしてあげれば、(1)くんは働きだします。

しかし、(1)くんにエネルギーを与えず、死んでしまったら、

 

もう、二度と這い上がれないのです・・・。

 

だから、すぐの治療が大事。

 

つまり、胸痛を感じ取る患者さんの症状がとても大切なんです。

〇 心筋梗塞になっても心臓は優秀

これまでに、心筋梗塞を患た方はこれを見ると驚いたかもしれませんが、

 

安心してください。

あなたの心臓ちゃんと頑張ってます。

 

(1)くんは死んでしまったかもしれないけど、(2)エリアと(3)エリアが(1)くんを補うために頑張って動いてくれています。

①の冠動脈が詰まったら、②の冠動脈がニョキニョキと手を差し伸べることもあります。

心臓はとっても優秀な臓器です。

他がサボっても、他が補う力があります。

厳密にはそれだけではありませんが、それくらい人体の臓器たちは優秀なんです。

すごくない?

他の不手際をみんで協力して補う。

 

世の中で一番馬車馬のように働いているのは、臓器や細胞たちかもしれませんよ。

 

目的はただ一つ。

 

「この生命体を少しでも、長生きさせるため。」

 

立派だ。

― 心筋梗塞は痛みの症状が大切 ―

前述でも示した通り

早期治療に有用性があるから、

胸痛の症状が大切

になります。

私自身心筋梗塞を経験したことがないので、わかりませんが、

相当痛いらしいです。

心筋梗塞を経験した方に話を聞くようにしてますが、

「夜中、痛くて起きた。」

「散歩中、うずくまって、歩けなくなった。」

「突然痛くて、喋れなくなった。」

しかし、糖尿病の人は気づかない人もいるようです。

 

無痛性心筋梗塞

 

こういう言葉があります。

ここでは、糖尿病を例に挙げましたが、

糖尿病ではないのに、感じ取れない方もいます。

我慢できちゃう人もいます。

痛みを感じたら、迷わず素直に受診してください。

いいんです。大丈夫だったらそれはそれで。

お金はかかっちゃうかもしれないけど、命には代えられません。

そして、無痛性心筋梗塞は、見つけられません。

つまり

定期健診で見つけるしかないです。

遅かったとしても、、心筋が死んでしまっていることに気づくことができれば、

他の(2)エリア(3)エリアを守るための対策が取れるんですから。

 

定期健診侮るべからず。

 

-心電図, 病気
-, , ,

Copyright© 臨床検査技師のすももブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.