臨床検査技師 心電図

臨床検査技師の新人教育【心電図のミスから学ぶ】

更新日:

― 心電図 左右付け間違い ―

新卒も入社してきて、心電図を取り始めるころ、ついつい起きやすいミスの一つの「左右の付け間違い」がわたしの勤めている病院でも起こりました。

油断するとついつい起きてしまうミスですね。

最近は心電図も自動解析が増えて、「左右付け間違い?」というメッセージが出ることも増えましたが、lowボリュームだと機械が検知してくれません。

自動解析に頼ることを悪いといってしまうとそこまでですが、使えるものは参考にしてもいいと思います。

〇 新卒のためにどんな対策していますか?

「新しい人が入ってきてミスをしてしまう環境自体を改善するべき。」

わたしの勤務先の尊敬する上司たちはこう言ってました。こういう上司に出会えてよかったと思います。

今は四肢のクリップを各々自由に片づけています。

そこで、決まった場所と決まった色を設けてその場所にクリップをしまい、そこから取り出すことにしようとしました。

左から「緑」「黒」「黄」「赤」の順番にしまいます。

ただ、その状況に頼りすぎて自分の目で確認を怠ることは良くないと思います。

新卒が働きやすいようにどのような環境を皆さんの病院はどのようにしているのでしょうか?

ぜひ、教えてください

〇 新卒のミスを頭ごなしに叱らない。

わたしは新卒の頃は違う仕事に勤めていました。そこでも尊敬できる上司に出会いました。

現在2社目ですが、ここでも尊敬できる上司に出会っています。

そんな尊敬できる上司の共通点の1つが「諭すのが上手い。」だと思います。

ミスしたことは自分でもわかっているし、本人も深く反省しています。そこを叱るわけではなく、

一緒に対策を考えよう。」

その言葉が私が新卒の時はどれだけ救われ、今回の新卒の事例に対しても、彼女はすごく救われたと思います。

この上司についていこう。

そう思います。はい。わたしの愛は重すぎます。

〇 新しい人が働きやすい環境づくりが大切

そこの勤務に慣れてくると、いろんな情報が削減されています。

しかし、本当はマニュアルがあって、誰でも働きやすい環境づくりが大切だと上司が言っていました。

ミスを起こさせないために、周りが工夫していこうとすることが大切とのことです。

今後も新卒がいるからこそ気づけること」

を大切にして、働きやすい職場づくりをしたいです。

皆様は何か工夫していることはありますか?

ぜひ、教えて頂きたいです。

-臨床検査技師, 心電図
-, ,

Copyright© 臨床検査技師のすももブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.